カード 現金化 効率

カードの現金化や効率について
 

2016年05月

カード 現金化 店舗

カードの現金化業者は
店舗型とネット対応型と2種類あります。

どちらのメリット、デメリットも大きな差はないので
自分が利用しやすい方を利用していくといいと思いますよ。

店舗型なら業者と対面で話をすることが出来ますし、
ネット対応の方は急いでいる人に合うでしょうね。


カード 現金化 摘発

カードの現金化について調べていると
「摘発された」といった話を見かけるのではないでしょうか。

よく調べてみると分かると思いますが、
現金化業者が摘発されたといっても、
「業者が脱税していた」「嘘の換金率を表記していた」
といった、現金化業者だから摘発されていたのではなくて、
一般的に考えてアウトな理由で摘発されているのです。

もちろん、現金化はグレー行為ですから
慎重に行っていくのが一番ですが
必要以上に不安に思う必要はないのではないでしょうか。


カード 現金化 方法

カードの現金化の方法は
カードで商品を購入して、その商品を売る
という流れになります。

これは自分で行っても業者に依頼してもほぼ同じです。

ですので、最初は自分でやるか業者に依頼するかを
考えていった方がいいと思いますよ。

どちらにするかで、
効率のいい現金化の進め方や商品が変わるそうですからね。


カード 現金化 換金率

カードの現金化を進めていく上では
換金率は非常に気になる点だと思います。

基本的に、
購入した商品を売る形になりますので
購入時の金額を売却時の金額が上回ることは
よっぽどの商品を購入しないとありえません。

100%の換金率というのは、
裏があると疑った方がいいと言われています。
よくよく調べた上でそれだけの数字に信憑性があるなら
依頼してみるのもいいと思いますが
まずやめておいた方がいいのではないでしょうか。


カード 現金化 仕組み

カード現金化の仕組みは
『ショッピング枠を利用して商品を購入して、
その商品を買取店に売って、現金化する』
という流れになります。

これは業者に依頼しても、個人で行ってもほぼ一緒です。

何故、業者が存在するかというと、
カード会社に見つからないように行わないといけないからです。

現金化はグレー行為と言われていて、
カード会社に見つかってしまうと
カードの利用停止や一括での支払いを命じられたりします。

そういったリスクを回避するために
現金化業者が存在していますので利用者も減らないのでしょうね。